日本人の口に合うベトナム料理

日本人の口に合うベトナム料理

ベトナム料理は、日本人の口によく合います。
その理由は、ベトナムは植民地時代に他の国の文化の影響を受けた事で、料理にクセがなく、食べやすいからです。

 

またベトナムの代表的な料理として、生春巻きやフォーがあります。
生春巻きには、ライスペーパーと呼ばれるお米で出来た皮を使用します。
フォーもお米で出来た麺です。

 

つまりお米を主食としてきた日本人には、お米は馴染み深い味です。
そのためお米を使用しているベトナム料理は、日本人の口によく馴染むと言えるでしょう。
ただし、日本人でもベトナム料理の好き嫌いが分かれてしまう原因がパクチーです。

 

 

 

東南アジアの料理には、大量にパクチーを使用する料理が多数存在します。
このパクチーの味が苦手という人には、ベトナム料理は合わないかもしれません。

 

ですがパクチーは、非常に栄養価が高く、美容効果が高い野菜です。
体内の毒素や数害物質を排出するデトックス効果があります。
さらに老化の原因となる活性酸素の発生を抑えてくれるので、アンチエイジング効果も期待出来ます。

 

パクチーに含まれるβカロテンには、抗酸化作用があり免疫力がアップします。
このように得られる効果も高いので、パクチーが好きな人なら、たっぷりパクチーを摂取出来るベトナム料理がお勧めです。

 

あとベトナム料理自体は、すぐにイメージ出来てもスイーツはピンとこない。
そんな人もいるかもしれません。
ベトナム料理は、スイーツも美味しく、「チェー」に人気があります。

 

「チェー」には、あずきやバナナ、ココナッツミルクなどが混ざったベトナム版のあんみつです。
カラフルな具材で、お店によって種類も豊富なベトナムの伝統スイーツです。

日本人の口に合うベトナム料理関連ページ

フィリピンの滋養強壮食品「balut(バロット)」
フィリピンの滋養強壮食品「balut(バロット)」
モンゴルの家庭料理「ホルホグ」
モンゴルの家庭料理「ホルホグ」
世界三大スープのひとつトムヤンクン
世界三大スープのひとつトムヤンクン
インド料理のあれこれ
インド料理のあれこれ
世界に最も誇れる日本料理
世界に最も誇れる日本料理
世界三大料理の1つ・トルコ料理の魅力
世界三大料理の1つ・トルコ料理の魅力
世界が注目する和食の魅力
世界が注目する和食の魅力
世界で1番美味しい台湾料理
世界で1番美味しい台湾料理
身近な韓国料理のあれこれ
身近な韓国料理のあれこれ
中国料理のあれこれ
中国料理のあれこれ