世界三大スープのひとつトムヤンクン

世界三大スープのひとつトムヤンクン

今回は、世界三大スープのひとつとして有名なタイ料理の「トムヤンクン」をご紹介したいと思います。

 

「トム」は煮ることを意味し、「ャン」は混ぜることを意味し、最後にある「クン」はえびを意味します。もちろんスープの材料は、えびだけではありませんから、鶏肉が使用されたりいかなどの魚介類が使用されたりするため、「トムヤン〇〇」と材料によって最後の単語が変わったりします。

 

熊本で人気の個室居酒屋で宴会をしよう

 

タイ料理の材料を買うには、大きい都市では専用のお店が近くにあると思いますのでそれを利用し、田舎のほうに住んでいるとしてもインターネットでタイ料理の材料を買うストアを探すことはできますので、そこで注文すればいいと思います。

 

居酒屋選びに困ったときに選ぶ、梅田の人気店はこちら

 

作り方は意外に簡単です。材料は、鶏がらスープの素を規定の比率で水に溶かして作ります(400cc)。レモングラスは斜め切りにし(1/2本ぐらい)バイマクルーはみじん切り(3枚)、ヘッドファーンは半分に切ります(6個)。えびは、はらわたを取るなどして下ごしらえしておきます。次に鶏がらスープを火にかけて、ナムブリックパオ(大さじ1杯)を塩・こしょうを適量入れます。もし、ココナッツミルクを入れたい人はここで好みに合わせて入れましょう。沸騰したら、レモングラス・ヘッドファーン・バイマクルー・カー(しょうがでも代用できます)・レモン汁(好み)と牛乳(200cc)を入れます。辛いのが好きな人は、ブリッキーヌ(青唐辛子)を好みに合わせていれてもいいです。一煮立ちしたら、えびを入れて赤く色が変わるまで煮込みます。最後に、火を止めて器にトムヤンクンを移して、ブリッキーヌ・バクチーをのせたら出来上がりです。
http://www.kushiage.net/

 

意外に難しいと思っていたトムヤンクンも簡単にできます。一度試してみてくださいね。