インド料理のあれこれ

インド料理のあれこれ

インドは世界人口で第2位を誇るほど人が多い国ですね。日本とインドは友好的な関係が長く続いていることもあり、インド料理が日本でも多く食されています。その代表的なものは、みなさんご存知のカレーですね。このカレーは普段から多く食べられていますが、ドイツではご飯にかけるのではなく、ナンというパンを平たくしたようなものにつけて食べるのが一般的です。

 

日本でインド料理のカレーは独自に進化していることが分かりますね。しかし、カレー以外にはどんな料理があるのでしょうか?ちょっと考えても思い浮かばないですよね。そこで調べてみることにしました。

 

インド料理として多くの人に食べられているのが「チキン・ティカ」という料理。これは小さく切られた骨無しチキンをガッツリと焼いたものです。現地で食べるとお腹いっぱいになるほど出されても200円程度なのでかなり経済的!物価が安いので、日本では信じられない値段で食事をすることができるので、できれば多くの食べ物を味わってもらい、インドの素晴らしい文化を体験して欲しいと思っている人は多いようです。

 

インド人もカレーは大好きなようで、料理の定番として必ず食べています。種類はざっと2000種類以上もあるということで、激辛やそこまで辛くないものなどスパイスにこだわったカレーがいくつも登場しています。日本のカレーは日本人好みで作られているので、インド人からすると「あれは本物のカレーではない」ということらしいです。

 

カレーにも色々とあることがインド料理を通してみると学ぶことができますね。日本人にも受けがいいインド料理。ますます知りたくなってきちゃいますね!
ちなみに、女性に人気の新宿のイタリアンのお店ならココがおすすめです。