ブラジル料理の定番とは?

ブラジル料理の定番とは?

日本とブラジルの友好関係は100年を経過し、ブラジルにとって世界のどこよりも特別に思っている国が日本です。そのためブラジルから移住してくる人もいるので、ブラジル料理が日本でも盛況です。

 

 

しかし日本人が自らブラジル料理店に足を運ぼうと考えている人は少ないのではないでしょうか?そういえば、ブラジルの定番料理とかあまり思い浮かばないですよね。せっかく友好関係が続いているのだから、ブラジルの食文化ぐらい知っておこうと考え、調べてみました。

 

 

ブラジル料理の定番として「フェイジョアーダ」があります。小豆に似た黒豆を使って、にんにくや豚肉を入れます。そして塩とオレガノなどの香辛料で味付けをして完成です。豚肉を使う場合には、耳からシッポまで無駄にすることなく使うので、初めて見る人はかなり豪快だなと思うかもしれません。苦手な人は、その部分を除いた料理が出てきます。

 

そしてブラジル人とは切っても切れない関係にある料理が「シュハスコ」です。これはバーベキューや焼肉を意味しており、コミュニケーションを図る一環として存在しています。平日の昼間からでも飲みだすブラジル人にとって、こうった料理はとても嬉しいもの。20センチはあるのではないかという長い串に、ぶつ切りの牛肉、鶏肉、などを豪快に突き刺して食べるものです。

 

次に知ってもらいたいのが「フランゴ・ア・パルメジアーナ」といういかにも美味しそうな名前の料理ですね。これはポピュラーで美味しく、さらにボリュームがハンパないという三拍子そろっている料理となります。

 

このようにあまり知られていないだけでブラジル料理はとても美味しいものがたくさんあるのです。もし身近にブラジル料理屋があるならば是非体験してみてください。その美味しさに感動するかもしれませんよ。

 

渋谷で個室居酒屋をお探しならコチラ!http://shibuya-kemuri.net/