オーストラリアの定番料理

オーストラリアの定番料理

日本のほぼ南に位置し、四季が日本とは逆の国として有名なのがオーストラリアですね。広大な敷地を有しており、ひとつの国なのに様々な気候が存在しているということで知られています。砂漠もあれば緑豊かな地域もあるので、食文化という面からも独特の進化を遂げているとされています。ここでは日本ではあまり馴染みが少ない、オーストラリア料理について紹介します!

 

オーストラリアの料理の特徴はなんといっても「カンガルーの肉が好まれている」という点です。日本ではほとんど食卓に並ぶことは無いでしょうが、オーストラリアではあのカンガルーの肉を好んでいるのです。味は豚肉とさほど変わらずに、しかも動き回っている動物なので低脂肪ということで、豚肉よりも好んで使うそうです。

 

そんなオーストラリア料理におけるランチの定番が「ラップ」というもの。これはその名前の通り、野菜や肉などお好みの食材を薄皮の中に入れて巻いて食べます。シーザードレッシングなどをつけて食べるのが主流ということ。

 

また「フィッシュ&チップス」という料理も忘れる訳にはいきません。海の幸が豊富な地域において出されることが多く、白身魚のフライやポテト、サラダが一皿にまとまったものです。
あっさりとしていてとても美味しく、またソースも日本人好みにあうものが使われているのが特徴です。

 

さて、オーストラリアのデザートとして有名なのがババロアですね。日本でも知られているデザートですが、オーストラリア人は皆が大好きなのだとか。食文化はその国の歴史でもありますから、知っておくとより楽しくなれますね。
日本の定番料理ならこちらでたくさん食べられますよ。