身近な韓国料理のあれこれ

身近な韓国料理のあれこれ

日本は島国ということもあり海を渡り様々な環境が流入しています。その中には食文化が含まれており、日本の食文化と上手く融合して多くの味を楽しむことができます。そんな中により浸透しているのが韓国料理になります。韓国といえばお隣の国として文化交流なども盛んに行われていますね。

 

韓国料理は独特の進化を遂げており珍しいものも多いのですが、日本人の舌にも合う料理が意外に多く韓国料理屋さんが日本でも数多く出店しているのです。その中でも多くの人が親しんでいるのが「カルビ」ではないでしょうか?焼肉文化は韓国の誇りでもあり、その美味しさには世界各国が驚くほどです。特にカルビは肉本来の味を感じることができる贅沢な焼肉です。
川崎駅前にある肉バル つばきやでも、美味しい焼肉を食べることができます。

 

そして日本においても身近な料理として出ているのが「石焼ビビンバ」ですね。石釜に色々な野菜とご飯をのせてコチジャンを入れて念入りにかき混ぜることで完成するのですが、特徴
は何といっても辛味のあるご飯ですね!そしてかなりのアツアツなので、食べるのが大変だという意見もありますが、それがまた異国料理のようで面白いですね。

 

韓国料理で忘れてはいけないのが「サムゲタン」です。若鶏にニンニクやナツメ、もち米、高麗人参などを入れる伝統的な料理です。これを食べると滋養強壮に良いとされ、体を健康にして元気になれるのだとか。日本でも高級料理として数えられており、専門店などに行かないと食べることができないので、幻の料理なんてことも言われていますね。