サンドイッチはお好き?

サンドイッチはお好き?

パンに具を挟んで出来上がりという気軽さと、手に持って簡単に食べられることから、おにぎりと並んで、遠足や運動会のお弁当の主食となることの多いサンドイッチ。たまごサンドに野菜サンド、イチゴジャムサンドなど、バラエティーも豊富ですよね。

 

銀座の鉄板焼が今人気です。

 

じつはこのサンドイッチ、18世紀のイギリスで、ギャンブル好だった第4代サンドイッチ伯爵が、カードゲームの片手間に食べられるようにとメイドに作らせたのがルーツと言われています。そういえば、アガサ・クリスティーの小説「名探偵ポワロ」の中でも、ときどきおいしそうなキュウリのサンドイッチが登場しますが、やはりサンドイッチの本場であるイギリスならではの描写だったのですね。

 

古き良き大衆酒場的な雰囲気の"ネオ大衆酒場"

 

本場イギリス、ロンドンでは今も人気があり、行列の絶えないサンドイッチの名店もあるそうです。その行列には理由があるそうで、ロンドンでは、日本の定食屋さんのように、気軽にお手頃価格でランチを食べることのできるお店が少ないことから、テイクアウトできるサンドイッチの人気があるのだそうです。

 

名古屋駅 居酒屋 個室 猪口猪口

 

ロンドンには、伝統的なローストビーフのサンドイッチや、生ハムとアボガドのサンドイッチといったイタリア風のものや、クレイフィッシュというザリガニを使ったサンドイッチもプリプリした食感で人気があるそうです。
具材だけでなく、挟むパンを選べるというのも、さすが本場ならではですね。パンの種類も進化していて、ホワイトかブラウンかといった選択肢の他に、ベーグルやフランスパン、マフィン、ピタブレッドなど、他国のパンを上手に取り入れています。ロンドンに旅行に行った際には、是非本場のサンドイッチをご賞味下さい。