モンゴルの家庭料理「ホルホグ」

モンゴルの家庭料理「ホルホグ」

モンゴル料理は、大きく分けると肉料理と乳製品に分かれます。モンゴルの料理は、世界の料理と比較してみても、香辛料をふんだんには使用しないのが特徴といえます。また遊牧民だったので、主に羊や馬の肉を食べるというのも特徴ですね。

 

赤坂で個室が人気の観世水http://www.kanzesui.com/

 

今回は、モンゴルの伝統料理でもあり、家庭料理でもある「Хорхог(ホルホグ)」を紹介したいと思います。ホルホグという料理は、羊肉のかたまりを塩・こしょうなどの香辛料で味付けし、ヤギのミルクを入れる缶に、焼いておいた石と、味付けしておいた羊肉や野菜を交互に詰めて石焼き+蒸し焼きにした料理です。

 

新鮮な羊肉を使用する場合は、香辛料は使用せずに野菜(たまねぎやにんじんなど)で用が足ります。それだけで羊肉の臭みは取れてしまいます。羊肉がきちんと焼けるために、焚火の上に置くこともあります。

 

 

 

このモンゴル料理を食べる時のマナーは、「骨についた肉もきれいに残さず食べること」だそうです。少しでも骨についている肉を残して食べると失礼になりますから、気をつけましょう。

 

そして、この「Хорхог(ホルホグ)」を作った時に出る肉汁は、スープとして食べます。また、肉汁は麺類のスープとしても使用されます。

 

八重洲で個室がある居酒屋

 

ほかのアジアン料理に比べてあまり知られていないモンゴル料理ではありますが、日本でもモンゴル料理を扱うお店がありますので、インターネットなどで調べて一度のぞいてみてはいかがですか。ホルホグ以外の他のモンゴル料理も一緒に満喫されてみるのも、なかなか楽しいのではないかと思います。