世界に最も誇れる日本料理

世界に最も誇れる日本料理

世界中には様々な優れた料理と調理法がありますが、日本には世界に誇れる調理技術と洗練された日本料理が存在します。

 

日本の料理技術は長い歴史の中で中国大陸や朝鮮半島からの影響もありましたが四方を海に囲まれた島国であることに加えて江戸時代の300年近い鎖国政治のために外国との交流ができませんので日本独特の発展を遂げて来ました。

 

特に京都を中心とする貴族や公家の文化様式と茶道を中心とする侘び寂びの精神が料理の世界に精神的な道を作って来ました。

 

スポーツバーを貸切にするならこちら

 

そこに加えて仏教の精進料理も影響を与えて粗食な中にも健康によい料理も創作されてきました。

 

仏教の教えの関係で牛肉や豚肉などの四足の動物肉は食されませんでしたが、カモやキジなどの鶏と魚介類と海藻、四季の野菜を素材の味を活かす形でのシンプルな料理法で美しい器に綺麗に盛り込まれて提供されます。

 

特に日本料理の真髄は「立板」と呼ばれる切れる包丁での技術が最も大切で、次に煮方と呼ばれる煮物料理の味付けを担当する職人が腕をふるいます。

 

小料理バル ドメ

 

日本料理の一人前の職人になるには最低でも15年は必要ですので、他の外国料理と比べますと技術の難しさと学ぶべき知識の多さが格段に難しくなります。

 

日本料理の技術を習得すれば知識さえ身につければ世界のどの料理も作れるようになるだけの技術レベルがあります。

 

http://www.ginza-yossou.jp/

 

とくに、他の国の料理に比べてソースや調味料を殆ど使用しないであくまで素材の持つ味を大切に素早く作って温かいものは暖かいままに、冷たいものは冷たいままに食べてもらうように時間と温度を大切にします。

 

現在の日本料理は寿司を始め世界中で良い評判を得ており健康食としても人気のある料理になっています。