日本で大人気のイタリアン

日本で大人気のイタリアン

日本にイタリア料理が本格的に紹介され始めたのは第二次世界大戦が終わってからの事になりますが、スパゲッティやリゾット、ピザなどのパスタ類が日本人に合っているためかイタリアンがブームになりました。

 

現在の日本ではいたるところにピザ店やスパゲティー店が存在しておりますが、本格的なイタリアンレストランも数多く出来ております。

 

錦糸町でよく行く居酒屋です個室がオススメです

 

イタリアから日本に来て本格的なレストランを開業するイタリア人シェフも結構増えてきて、中にはテレビの料理番組で名前の売れているシェフもおります。

 

歴史的にイタリア料理はフランス料理にも大きな影響を与えておりますが、スペインが世界を制覇した時代に南米から持ち帰ったトマトやジャガ芋、唐辛子などがイタリアにも普及して、オリーブオイルとトマト、チーズなどの乳製品が多く使われるようになりました。

 

所沢の居酒屋は個室選びが大事です。

 

イタリア人は古代ローマの時代より食に対する気持ちが強い民族ですので、肉料理から魚介類や野菜などの豊富な献立が揃っております。

 

「ミネストローネ」等の野菜スープから「カプレーゼ」などのトマトとモッツアレラチーズにバジルを使用した前菜などが好まれております。

 

鶏肉料理には「ポロ・アラ・ロマーナ」や「カチャトーラ」のような野菜との煮込み料理がイタリアの家庭料理として多くの人に親しまれております。

 

 

 

子牛のカツレツである「ミラネーゼ」は特にトンカツ好きの日本人には人気のメニューです。

 

イタリア料理の本質は本来は家庭の母親の味が最も大切になりますので「カポナータ」のように、ナスなどの野菜と白ワインビネガーの炒めものも家庭料理として人気のあるメニューです。