伝統的なハワイ料理と新しい創作料理

伝統的なハワイ料理と新しい創作料理

現在ではアメリカの50番目の州となっているハワイ州ですが、歴史的には古代にポリネシア人達がハワイにやってきたのが始まりですので血統的にはポリネシア民族ですが、長い歴史の中で一時はキングカメハメハ王が旺盛を敷いて統治していた時もあります。

 

近年では日本人の移民が数多くハワイに移住してサトウキビやパンアップルの栽培などの農業を進行して来ましたので、現在でも日系人が数多く住んでおります。

 

横浜の居酒屋は個室で選ぼう!

 

1959年にアメリカの州となって以来はアメリカからの観光客と日本からの観光客が多く来ておりました。

 

このような歴史を持つハワイですからアメリカ本土からの食材と日本からの食材が多いので食生活の面でも両国の影響が大きく影を落としています。

 

しかし、ネイティブハワイアンであるポリネシア料理が伝統的な料理として今でも観光客にも振舞われております。

 

横浜にある居酒屋個室のお店

 

海に囲まれた島国ですから魚介類やタロイモ、ココナツ、などの熱帯性のハワイ独特の食材でポリネシアの伝統的な調理法で作るハワイ料理はなかなかのものです。

 

例をあげますと「カルア・ピッグ」という料理が伝統的なものとしてあげられますが、本来はイムという地中のかまどで石焼で豚を丸ごと石焼にする料理ですが、現在は豚の切り身をオーブンで焼いて作ります。

 

西麻布で人気の高い焼肉

 

また「ラウラウ」は豚肉や鶏肉をタロイモの葉で包んだ上にテイの葉で包んで蒸し焼きにしたものです。

 

伝統的な料理以外に創作された「ロコモコ」という料理は、ご飯にハンバーグと目玉焼き卵を載せて肉汁をかけて食べますが日本とアメリカの融合したハワイ独特の献立です。

 

比較的新しいハワイ料理にはアメリカ本土からの牛肉が入ってからの料理として「ピピカウラ」があり牛肉の干し肉を使います。