芸術性を重んじるフレンチ

芸術性を重んじるフレンチ

長い鎖国政治が終わって世界に対して門戸を開いた明治維新の時代に日本に入ってきたのはイギリス料理でもあるコンチネンタル料理とヨーロッパを代表する美味としてフレンチが日本に初めて出来た迎賓館やホテルで本場のフランス人シェフによって紹介されました。

 

第二次世界大戦が終わった後も帝国ホテルやニューグランドホテルなどでもフランス料理が宴会の食卓を賑わせて来ました。

 

阿具楽-あぐら- 新潟駅前店

 

現在でも大ホテルの結婚披露やパーティーの主役料理はフレンチになっています。

 

フレンチは中国料理と並んで世界の代表的な料理として知られておりますが、日本人には馴染みの深い西洋料理になっています。

 

しかし、最近はイタリアンやスパニッシュ、アジア系のエスニック料理なども増えてきておりますので一時のブームほどではなくなりましたが、日本人のフレンチシェフたちの努力で日本人向きのフレンチが登場して人気があります。

 

くすくす 福岡博多店

 

フランス料理は日本の伝統的な懐石料理とも共通したところがありますが、美しい器に洗練されたシェフの盛り付けで見た目にもアーティスティックさを感じさせてくれる楽しみのある料理です。

 

食材には鴨肉や羊、牛などの肉類から、舌平目やオマールエビ等の魚介類に多くの野菜を交えて献立が創作されます。

 

名古屋の便利な二次会のお店

 

フレンチの偉大なシェフであるポール・ボキューズは日本の京都の懐石料理にヒントを得て何種類にも及ぶオードブルを創作して人気シェフになりました。

 

フランス料理は日本料理と同じように、あくまで新鮮な食材の味を引き出す料理法で、しかも美しく盛り付ける演出を大切にする料理です。

 

アジアにおける中国料理をイタリアンに例えますとフレンチは日本の懐石料理に例えられます。