フランス生まれ!クレープを簡単におうちで

フランス生まれ!クレープを簡単におうちで

ちょっと小腹が空いたなあというとき、クレープがおすすめです。街中でも屋台などでよく目にしますよね。チョコクレープのようなデザート系はもちろん、ハムやツナをマヨネーズとあわせておかずのようにもなるクレープ。また、生地を何枚も重ねてケーキにしたミルクレープもおいしいものですよね。

 

 

 

じつはクレープというのは、フランスの北西に位置するブルターニュ地方出身のお料理で、もともとはそば粉でつくられていたそうです。今は小麦粉を使って、家庭でも簡単に作れる、身近なお料理となりました。日本のある小学校では、一年生から六年生まで、一緒に参加して作れる料理として選ばれ、縦割り学習でも利用されたとのことです。

 

浜松の居酒屋なら完全個室が良いです

 

さて、その簡単なクレープのレシピを一つご紹介しましょう。今回はホットケーキミックスを利用したレシピです。
クレープの生地作りのために準備するものは、卵1個、ホットケーキミックス100グラム、牛乳130グラムです。この分量でクレープ生地を5枚ほど焼くことができます。

 

 

 

作り方は本当に簡単です。材料を混ぜて、温めておいたフライパンに薄く丸く流して両面を焼けば、生地の出来上がりです。出来上がった生地に、バナナやイチゴといったフルーツ類や生クリームをトッピングすれば、あっというまにおいしいデザートの出来上がり。またはハム・チーズ・レタスなどのお好みの具をのせて巻いて、ちょっとした間食にしてもいいですよね。生地はお母さんが焼いてあげれば、小さなお子様とも一緒にトッピングして楽しんでつくることができます。身近なフランス料理として、是非おうちでもクレープを作ってみて下さい。