中国料理のあれこれ

中国料理のあれこれ

中国料理は世界中に相当古い時代から進出した料理で中国料理のない国を探すのは難しいといわれるぐらいに普及している料理です。

 

中国の国民性は「食に始まって食に終わる」と言えるぐらいに食を第一に考えてきた国民性があります。

 

中国華僑は5500万人を超える人数が世界中に散らばって移住しておりますが日本にも相当数おりますがヨーロッパからアメリカまで幅広い国々で活躍しております。

 

古くには1000年以上以前から中国の人口増加と貧困から他国へ移住した方や、中国の共産革命から逃れて世界に移住した人たちもおります。

 

Garden〜ガーデン〜新宿東口駅前店

 

彼らは外国に移住して様々な仕事についおりますが、大抵の場合はじめは食事が無料で食べられますので中国料理店で働くことが多いです。

 

その結果として世界中に中国料理店が存在するようになりました。

 

中国料理の利点として世界のどこの国へ行っても、その土地にある食材で醤油と油があれば作れるという事が挙げられます。

 

陣 川崎駅前店

 

中国料理は、北京料理と広東料理、四川料理、南京料理の4大料理に仕分けされますが、近年では厳密な違いが少くなっています。

 

広東料理は香港などに代表されますがフカのヒレ料理や魚介類を中心にした料理がおおいのですが最も親しまれている中国料理です。

 

 

 

北京料理には満漢全席などの歴史ある宮廷料理が有名ですが北京ダックなどの鴨料理は絶品な」高級料理になります。

 

しかし、中国料理の本当の凄さは庶民の料理として低価格でも栄養価の高い料理を提供してくれることにあるかもしれません。