貴族の風格を重んじるイギリス料理

貴族の風格を重んじるイギリス料理

明治維新以後になって日本は真っ先にイギリスを手本にして多くの文化や技術、制度について学んできました。

 

イギリスには日本と同じような皇室の制度が残っておりますと同時に日本の武士道とも共通する騎士道の精神があります。

 

また造船技術や蒸気機関車、自動車などの当時の最先端技術の先進国でもありましたので、明治政府は数多くの日本の技術者や役人を送り込んで西洋の先端技術を学ばせました。

 

BEONE 〜ベオーネ〜 横浜店

 

この時期にイギリスに派遣された人々は当時のイギリス人の生活習慣や料理についても多くを勉強しました。

 

イギリスの料理の特徴はシンプルな料理法で基本は「茹でる」と「焼く」という手間を掛けないで素材のもっている味を引出す事に有ります。

 

桜木町 居酒屋

 

料理のバラエティという面においてはヨーロッパ料理の中ではフレンチやイタリアンと比較すると見劣りする面は有ります。

 

イギリス料理で日本人にも馴染みのものとしてはローストビーフとパイ料理があります。

 

イギリスの朝食やティータイムの食事はシンプルなものでティーとブレッドにバター、マーマレード、ジャムにクッキーなどの菓子類で賄われます。

 

https://r.gnavi.co.jp/f389409/

 

シンプルですが、豊富な種類のティー類に加えて美しいティーポットやティーカップなどと種類のあるスコーンやブレッドは楽しめるし気品にあふれており流石に貴族の国柄を表しています。

 

イギリスのローストビーフはじっくりととろ火でローストした牛肉に2種類のソースとホースラディッシュやケッパーが添えられブレッドとも相性がよいものです。

 

ティータイムには会話をしながらのスコーンの他にミートパイやアップルクランブルなども楽しみの一つです。