フィリピンの滋養強壮食品「balut(バロット)」

フィリピンの滋養強壮食品「balut(バロット)」

私が以前フィリピンに行った時に進められた滋養強壮食品で、今でも頭を離れない衝撃を受けたものがあります。それは何かというと、「balut(バロット)」という孵化直前のアヒルの卵を過熱したゆで卵です。フィリピンだけでなく、ベトナム・カンボジア・中国でも食べられているものです。

 

紅音は居酒屋 個室なら紅音 横浜店

 

これは、高級なものではなくて庶民にも手が届くもので、屋台や食堂でも置いてありますし、バロットを持って売り歩いている人もいます。私もゆで卵だと聞いたので、割って食べようとしましたが、なんと孵化前の卵をゆでたものなので羽がはえている雛の姿が見えてしまい、とてもではないですがグロテスクで、口に入れることができませんでした。「食べれない」と話すと、一緒に仕事をしていた人がおいしそうに食べていました。

 

 

 

このbalut(バロット)は、孵化を試みて18日目の卵がおいしいとされています。食べ方は、孵化しかかった卵を十分に茹で、卵の殻を少しだけスプーンなどで穴を開けます。そこに塩やライムを好みで入れ、ストローで中の液体をまず飲みます(もちろん口をつけて飲んでも構いません)。液体がなくなったら、殻を取って中の雛を食べます。ただし、羽毛は食べないようにしましょう。食べた人が言うには、パリパリとした感触があり、鶏肉に近い味がするそうです。

 

 

 

なお、大半の卵は大丈夫なのですが、孵化が進んで卵にヒビが入ってしまったり、雛が途中で死んだりすると、食中毒を起こす可能性があるそうです。お勧めはしませんが、いちおう滋養強壮食品ですので、フィリピンやベトナム、カンボジアなどに行く機会がある方で挑戦してみたい人は食べてみてください。