アメリカ料理の特徴

アメリカ料理の特徴

日本は第二次世界大戦の後はアメリカの支援のもとで国土の復興を成し遂げると同時にアメリカ文化に大きく影響されて来ました。

 

それまで敵国であったアメリカの進んだ生活方式や安行のあり方に刺激を受けて、アメリカに追いつき追い越せと頑張って来ました。

 

横浜の飲み会なら紅音

 

食生活についてもアメリカのファミリーレストランやファストフードに憧れを持ちながらも、日本の固有の調理法を大切にしながら日本の食文化も育てて来ました。

 

多くの日本人がアメリカにも行ってアメリカ方式の飲食店のあり方も勉強しました。

 

アメリカは世界中の移民から成り立っている国ですので世界の異なる国の飲食店が有ります。

 

渋谷の雰囲気が良いイタリアン

 

建国以来の歴史は浅い国ですので伝統的な料理は育っていませんが、建国の歴史とともにアメリカに豊富にあるトウモロコシや牛肉、ミルク、七面鳥、豆類、パンプキンなどを使った料理が独特のものになっています。

 

一例をあげますと鶏肉とエビやソーセージが入ったピラフなどは「ジャンバラヤ」という名称でアメリカ南部料理として人気があります。

 

赤坂の落ち着いたおしゃれなイタリアン

 

日本でもホテルのカフェで人気メニューの「クラブハウスサンドイッチ」がありますが、卵とベーコン、レタス、鶏肉、レタス、トマトをまとめてトーストパンに挟んで食べるサンドイッチは今や世界料理になっています。

 

日本でのハンバーグステーキに似ていますが「ミートローフ」もミンチした牛肉を刻み玉ねぎと合わせて作ったもので人気の料理です。

 

しかし、アメリカで最も好まれるファストフードと言えばなんといっても「ハンバーガー」になりますが、最近は日本でも人気のファストフードですので説明の必要がありません。

 

また「ホットドッグ」も既に日本でも人気のあるファストフードになっています。