イギリスの素敵な習慣、アフタヌーンティー

イギリスの素敵な習慣、アフタヌーンティー

イギリスといえば、やっぱり紅茶が有名ですよね。とくに、2段から3段にわかれたティースタンドに並んだサンドイッチやスコーン、ケーキ、その姿に憧れる女性は多いのではないでしょうか。実際にあのティースタンドをお目当てでホテルにお茶をしに行ったのに、ビュッフェ方式なのでティースタンドがなかった、とがっかりして帰ってきた友人もいました。

 

 

 

このイギリスのアフタヌーンティーの習慣は、じつは予めとる間食として始まったそうです。一般的に夕食をとると考えられる時間帯に、観劇やオペラ鑑賞、社交の習慣があったイギリスでは、どうしても夕食が遅くなってしまうために、アフタヌーンティーとして紅茶と一緒にサンドイッチやスコーンなどをつまむようになったそうです。

 

渋谷にある美味しいチーズフォンデュのお店

 

また、このアフタヌーンティー自体が、女性の社交の場となっていたそうです。狭いテーブルの上で食事をするために開発されたのが上記のティースタンドとのことで、ビュッフェスタイルのような広い場所で提供する場合、ティースタンドは使われないそうです。

 

http://www.hotpepper.jp/strJ001000180/

 

このスタンドに並んだ食事もさることながら、種類が豊富な紅茶の中から、お気に入りの一杯を選ぶのもまた楽しみの一つです。日本でも紅茶は人気があり、紅茶の種類や美味しい入れ方を学ぶ通信教育もあるほどです。
日本の茶道も奥が深いものですが、紅茶も奥が深いのでしょうね。一度本物の味わいと香りに出会ったら、やみつきになるかもしれませんね。
イギリスを訪れたら、ぜひおいしい紅茶で優雅なアフタヌーンティーの時間をお過ごしください。